PrincessCrown

2016年現在、とりあえずサターンを動かすならSSFの一択。
Yabauseという海外エミュもあり、最近も更新されているが速度が遅く、GPDWINには向いていない。

SSF(国産サターンエミュ)

SSF(エミュ本体)の公式サイト(2016/11現在)
※3年ほど更新が無くて寂しい。再現性は問題ないレベルなので、UIを進化させて欲しいなあ

起動時に、小さい窓が出て一瞬固まるので焦らないように。
BIOSが無くてもゲームは動作するらしい。BIOSがあれば、セガサターンのCDメニューも堪能できる。

要所に絞った解説サイト http://www.geocities.jp/icebox3rd2003/index/file/s...

詳しい解説サイト http://www.geocities.jp/icebox3rd2003/index/file/s...

CDイメージを直接読むことは出来ないので、仮想CDドライブにゲームのイメージを
マウントして起動
する。

パッドの設定はOptionを開き。Controllerタブから。
(エミュの起動前に、パッドモードにしておく必要がある)

Option>Option(o) > Controllerタブ > Port1のPlayer1A欄、「Redefine」ボタンを押すと
パッドの定義が始まるので、画面の小さい窓の指示に従って対応させる入力を行う。
サターンのパッドは基本、十字キー+6ボタン+L,Rボタン+START。

起動時に、仮想CDにサターンのゲームが入っていたら、自動的にゲームが始まる。

エミュ起動後、仮想CDのゲームを入れ替えたときには、メニューのHardware>CD Openを選び、
その後CD Closeを選ぶことでCDのスキャンが開始される。

フルスクリーン切り替えはALT+Enter。
エミュの終了はESCキー。

残念ながら、ゲーム中にスリープにするとエミュが終了してしまうので、
スリープ前に中断セーブを忘れずに。

Yabause

公式サイト https://yabause.org/download/

2016/8にも更新されている現在も進行形のエミュ。
再現性はSSFにも劣らない。CDイメージを直接読むことが出来る。

GPDWINでは、Windows-64bit版を使用する。(Windows 64-bit: yabause-0.9.15-win64.zip)


Topics
トピックがありません。
Related Posts

コメント欄を読み込み中